まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(24) みっけちゃん」 ぷうさんのはちみつさんの声

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(24) みっけちゃん 作・絵:つつみ あれい
出版社:フェリシモ出版
本体価格:\1,286+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784894325135
評価スコア 4.27
評価ランキング 17,130
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く
  • やくそくできる?

    ためし読みで☆

    実際に声を出して読んでみました。テンポがよくリズミカルな文章はとても音読がしやすくて、あ、これは学校でも紹介できそうだぞ〜と思いました。

    レーネちゃんとみっけちゃん。本当に、この2人はとっても仲良しなんですね。2人の関係はちょっと羨ましくも感じました。

    でも読後思ったのですが、料理人のばあやのたくらみ(みっけちゃんを食べてしまう)を知ったレーネちゃん。みっけちゃんに
    「ずっと だいすき やくそくできる?そしたら あたしも ずっと だいすき」と聞きます。
    みっけちゃんが 大好き。約束するよと答えると、レーネちゃんはばあやのたくらみを話してみっけちゃんを連れて逃げるのですが・・・。
    もしそこで、「約束なんてできないよ」とみっけちゃんが言ったら、レーネちゃん、どうしていたのかなあ・・・。
    グリムだからもしかして、じゃあ助けてあげない。みっけちゃんなんかいらない。なんて展開もあるかもしれないなあ、なんて思いました。

    お話の本編よりなにより 何度もレーネちゃんの口から出てくる
    「ずっと だいすき やくそくできる?そしたら あたしも ずっと だいすき」
    の言葉が、とっても印象に残りました。
    ちょっと怖いような・・・でもやっぱり可愛くて微笑ましいような・・・。そんな不思議な感じです。

    ばあやから逃げるために、2人がいろんなものに姿、形を変えることができて楽しかったです。
    ラストはばあやの死。しかもあひるの姿になったレーネちゃんにやられて・・・なので、考えれば考えるほど怖い気もしますが、
    つつみあれいさんの可愛いイラストが、残虐な印象をだいぶマイルドにしていると思います。

    投稿日:2016/12/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おはなしのたからばこワイド愛蔵版(24) みっけちゃん」のみんなの声を見る

「おはなしのたからばこワイド愛蔵版(24) みっけちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / 14ひきのあさごはん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その8

全ページためしよみ
年齢別絵本セット