虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
スケボウさん 40代・ママ

虫がかわいくみえるかも♪
私は虫が苦手です。 でも娘はちっとも…

ママ、お話読んで」 レイラさんの声

ママ、お話読んで 文:バシャンティ・ラハーマン
絵:ローリ・M・エスリック
訳:山本敏子
出版社:新日本出版社
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年04月15日
ISBN:9784406052962
評価スコア 4.83
評価ランキング 151
みんなの声 総数 11
「ママ、お話読んで」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 読み書きができないママ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    『Read for Me,Mama』が原題。
    「for Me」のニュアンスが印象的です。
    ジョーゼフはお話が大好きで、学校の図書館で本を読んでもらったり、
    本を借りたりします。
    司書の人から、難しい本は誰かに読んでもらうといい、と助言されたジョーゼフは、
    知り合いの大学生に読んでもらっていたのですが、
    都合が悪くなったので、ママに頼むのです。
    ところが、ママは「読んであげられないの」と泣き出します。
    そう、ママは読み書きができなかったのです。
    でも、ママは教会でそのことを話し、そこでの助言から読み書き講座に通うようになるのです。
    ジョーゼフの読書好きの様子、ママの努力、そして二人の親子愛。
    本を読むことの意味が伝わってきます。
    さらに、本文には書かれていませんが、絵が、この二人が黒人であることを
    そっと語ります。
    なぜママが読み書きできなかったか。
    そんなことも考えるきっかけになるといいですね。
    でも、このママはとても素敵です。
    仕事で忙しくても愛情たっぷりで子どもに接するし、
    読み書きができないから、と卑屈にならずに、
    他者に助言を求め、努力する姿は立派だと思いました。
    内容が重いので、小学生以上くらいからでしょうか。

    投稿日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ママ、お話読んで」のみんなの声を見る

「ママ、お話読んで」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット