まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

背後霊内申書」 渡辺諦さんの声

背後霊内申書 作:山中 恒
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年
ISBN:9784652021699
評価スコア 4
評価ランキング 26,041
みんなの声 総数 1
「背後霊内申書」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 【内容】
    小学校を卒業し、中学校に入る前、理恵は冷蔵庫に若い男が見えた。男は理恵の担当背後霊、才蔵。理恵は背後霊たちの秘密を知り、中学校のクラスメート、根性の悪い金持ち少女、不良少女軍団、サッカー部のプレイボーイなどと大騒ぎをおこすが…
    甘酸っぱい青春と、いくつになっても変わらない人間の泥臭さが満載の、霊感ドラマ。青春の一コマは、背後霊とともに。
    装画:手塚リサ
    シリーズ:山中恒よみもの文庫 19
    ※1989年4月〜1990年3月「中一時代」に掲載後、旺文社より1991年刊行されたものを底本にしています。

    【感想】
     ちょうど自分が小学校の頃、流行った本。あの時は、なんとなく読まないでいたが、四十を目前とした今、ようやく読んでみたら、非常に面白く、一気に読み切てしまった。同じ作者の「おれがあいつで、あいつがおれで」(男と女が入れかわる話)も、大流行で図書室で貸し出し待ちだった。友達がはまって、やや下品なギャグを交えて、大いに喧伝していたので、ねばって待ってようやく読んだ。エッチな話題が満載で、にやにやしながら読んでいるところを誰にも見られたくない…そんな本。
    その作家の作品とわかって、納得。これは、いくつになっても、この手の話は面白いのだろう。せいぜい裸がでるくらいの、描写としてはソフトな部類なのだが、登場人物たちの感情や性格が生き生きと描かれているので、非常に生々しい面白さがあり、はまる。さらに80年代の、ギラギラしたイケイケの不良もあり、女子の執念深い生命力もあり(下手な男よりも強い)、爆発する暴走☆生命エネルギ―が感じられ、やんちゃさに感応して元気になる。
    これだけやりたい放題だと、人生に悔いはない。年齢問わず、おススメしたい一冊。女子は地球上、最強の生き物だとわかるでしょう。

    投稿日:2018/07/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「背後霊内申書」のみんなの声を見る

「背後霊内申書」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット