新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

星新一ショートショートセレクション(14) ボタン星からの贈り物」 渡辺諦さんの声

星新一ショートショートセレクション(14) ボタン星からの贈り物 作:星 新一
絵:和田 誠
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2004年01月
ISBN:9784652020944
評価スコア 4
評価ランキング 30,143
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • ゾッとする未来も垣間見え

    • 渡辺諦さん
    • 40代
    • その他の方
    • 東京都

    2004年刊行。「妖精配給会社」(1976)、「午後の恐竜」(1977)を底本とし、パンチの効いた短編を13話収録。
    宇宙人や、恐竜、幽霊、犯罪、不思議な出来事…など、いろいろな面白い話が楽しめるお得な本。
    それぞれの話が独立していて、読みきりなので、どこから読んでもかまわないところは気楽でいい。

    不幸な男の下に宝船がやってきて願いをかなえてくれる話や、勝手に空きビルを地獄の一部として利用される話など、大人にも充分に読み応えがある。社会問題や、人間の愚かさ、欲望などに対する強烈な皮肉や、筆者の独自の考えが表れていると思われるところもあり、大人になってからのほうが楽しめるかもしれない。

    最後に収録されている「午後の恐竜」は、地球の終わりを扱った妙な話で特に印象に残った。読者は安全な場所で物語の世界を楽しんでいるのだが、今、私の生きている世界でも同じようなことが起きるような気がしてしまい、妙な恐ろしさが感じられた。
    世界が平和であってほしいと、強く思う。

    投稿日:2021/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「星新一ショートショートセレクション(14) ボタン星からの贈り物」のみんなの声を見る

「星新一ショートショートセレクション(14) ボタン星からの贈り物」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ ロシアの昔話

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2022年2月 注目の新刊&おすすめ 〜節分・鬼の絵本〜

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット