新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

キッドナップ・ツアー」 ヒラP21さんの声

キッドナップ・ツアー 作:角田 光代
絵:唐仁原教久
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:1998年
ISBN:9784652071670
評価スコア 4
評価ランキング 29,229
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 父と娘の心の旅

    夏休みの初日に誘拐された小学5年生のハル。
    誘拐したのはハルのお父さん。
    別居中の父でもあり、珍道中が繰り広げられるのですが、11歳の女の子からみた父親って別世界の生き物なのでしょうか?
    しょっちゅう母親に「交渉」の電話を続ける父親ですが、「交渉」はまとまらず金に困った父のために二人は次第に食事にも寝泊まりにも窮していきます。
    夫婦の間にどんな問題があるのかは明らかにされませんが、ハルは二人の子どもです。
    金にゆとりのない父のため二人は次第に寝泊まりにも窮していきます。
    平穏な生活であれば、明らかに娘が拒絶するシチュエーションでしょう。
    冷静に父親を見ながら、他人ではないものを感じていく様がとても柔らかく描かれています。
    等身大の父親を認めるとき、何となくハルの成長があるのでしょうか。
    「交渉」が成立して、ハルはまた母親の許に帰り父は娘に別れを告げます。
    文章に深刻さはないけれど、振り返ると角田さんの作品は奥が深いと思います。

    児童文学ではあるけれど、父親として読み終えた自分でした。

    投稿日:2010/10/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「キッドナップ・ツアー」のみんなの声を見る

「キッドナップ・ツアー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


3月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット