新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

まちのねずみといなかのねずみ」 うららさんの声

まちのねずみといなかのねずみ 作:イソップ寓話
絵:ポール・ガルドン
訳:木島 始
出版社:童話館出版
税込価格:\1,288
発行日:1997年
ISBN:9784924938694
評価スコア 4.31
評価ランキング 19,985
みんなの声 総数 15
「まちのねずみといなかのねずみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • どっちの暮らしがいい?

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    田舎のねずみのうちにまちのねずみが遊びにきます。
    宮殿に住むまちのねずみは、うちにおいでよ、すばらしい暮らしだよと田舎のねずみを招待しますが・・・

    ねずみの王様と暮らしているねずみなのかと思ったら
    人間の王宮に住んでいるねずみで、王様の食べ残しを食べるのにもドキドキハラハラ。
    特に給仕達がお皿を下げにくるシーンはねずみの下目線から見え上げる格好で描かれていて迫力があります。

    田舎のねずみが自宅のベットに辿り着いたシーンでは
    長女が隣で「ハーーーーァ」と安堵の溜息。
    田舎のねずみと同じようにドキドキハラハラしていたようです。

    あなたはどっちの暮らしがいいですか?

    投稿日:2007/09/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「まちのねずみといなかのねずみ」のみんなの声を見る

「まちのねずみといなかのねずみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.31)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット