新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

まちのねずみといなかのねずみ」 ぼのさんの声

まちのねずみといなかのねずみ 作:イソップ寓話
絵:ポール・ガルドン
訳:木島 始
出版社:童話館出版
税込価格:\1,288
発行日:1997年
ISBN:9784924938694
評価スコア 4.31
評価ランキング 19,984
みんなの声 総数 15
「まちのねずみといなかのねずみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 人がなんと言おうと、自分の暮らしが1番!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳

    よく知られてるお話で、いろんな出版社からいろんな画家の絵本が出てるかと思います。(子どもの頃私が1番親しんだのは、ピーターラビットのシリーズだったと思います。)
    これは、長男が図書館で選んで、珍しくパパに読んでもらっていました。
    いなかのねずみのところに、王様の宮殿に住む友達が訪ねてきます。いなかのねずみは、大喜びでもてなしますが、まちのねずみは、宮殿の華やかでぜいたくな暮らしを自慢します。そこで今度は、いなかのねずみが、宮殿に出かけてみると・・・。

    ポール・ガルドンの描くいきいきとした絵がすごくいいです。中でも、めしつかいたちがお皿を運んでいく絵なんて迫力満点です。(私はこの場面から夫が読んでるのを聞き始めたので、最初なんの話かさっぱりわからずに、ベートーベンとかバッハとか昔の音楽家の話かと思ってしまいました。笑)

    投稿日:2003/05/13

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「まちのねずみといなかのねずみ」のみんなの声を見る

「まちのねずみといなかのねずみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • みみカスいっか
    みみカスいっか
    出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    たっくんは、みみそうじが だいきらい。 そんなあるひ、どこからか こえが きこえてきて・・・・・・。


編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.31)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット