話題
あかちゃんごきげん しゃかしゃか

あかちゃんごきげん しゃかしゃか(くもん出版)

赤ちゃんがだいすきなラトルと絵本が合体した、はじめてのラトル絵本! プレゼントにぴったりです。

  • かわいい
  • ギフト
  • ためしよみ

ぬすみ聞き 運命に耳をすまして」 あんれいさんの声

ぬすみ聞き 運命に耳をすまして 作:グロリア・ウィーラン
絵:マイク・ベニー
訳:もりうちすみこ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2010年06月
ISBN:9784895728102
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,414
みんなの声 総数 6
「ぬすみ聞き 運命に耳をすまして」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 忘れてはならない歴史

    綿花に埋め尽くされた畑にたたずむ少女の後姿が描かれた表紙。
    空は晴天なのにとても寂しげなその後姿にとても心をひかれました。
    「ぬすみ聞き」というタイトルも、絵本のタイトルらしからぬ響きで気になりました。

    表紙をひらくと、最初にとびこんでくる「はじめに」というページ。
    そこで、この本が描かれた背景が説明されています。
    アメリカで奴隷制度が認められていた時代のお話だったのです。

    ぬすみ聞きすること。
    決して褒められた行為ではないですし、現在では犯罪にもなります。
    でもそれをしなければならなかった極限の状況、そんなひどい状況が存在した時代が確かにあったということ。ほんとうに悲しいことです。

    読んでいる途中で、子どもの頃に読んだ「アンクル・トムの小屋」のお話を思い出しました。
    最後のページの解説で、「アンクル・トムの小屋」の出版がリンカーンが大統領となる8年前だったこと、南北戦争後に奴隷解放が制度的には行われたけれども、その後も差別は続いたことなどが書かれています。

    今は自由の国を標榜するアメリカ、現在の大統領は初めてのアフリカ系アメリカ人であることを考えると、隔世の感がありますね。
    でも、この本に描かれているのは、忘れてはならない歴史の一つだと思います。
    こういう歴史があって、現在がある。そのことを子ども達にも伝えていかなければ、、、と思いました。

    投稿日:2011/02/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぬすみ聞き 運命に耳をすまして」のみんなの声を見る

「ぬすみ聞き 運命に耳をすまして」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / くだもの / おおきなかぶ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット