おおきなうみと ちいさなマーヴィー おおきなうみと ちいさなマーヴィー
作・絵: H@L  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
海の世界で未来を夢みるくじらのマーヴィー!絵本いっぱいに広がる青が、夏にぴったりな1冊です!

水木しげるのおばけ学校10 おばけレストラン」 渡辺諦さんの声

水木しげるのおばけ学校10 おばけレストラン 作・絵:水木 しげる
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1983年03月
ISBN:9784591012314
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,659
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 豊かに便利に生活するとは?

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    顔を盗まれた子どもたちに出会ったねずみ男は、賞金に目がくらみ犯人を探し出そうと山奥に乗り込んだ。しかしのっぺら坊の策略にはまり、顔を盗まれ、鬼太郎に泣きつくことに。鬼太郎出動!のっぺら坊との対決が始まる…

    腹が減ったので山奥で芋虫を食べているねずみ男。更に、のっぺら坊の経営する妖怪レストランのコックとして雇われるねずみ男。なんとも生活苦の匂いが生々しい描写に思わす苦笑する。おばけは遊んで暮らすというが、半分人間のねずみ男は、浮き用のしがらみの中で生きている。しがらみだらけの我々人間は、なおさら働かなければならず、面倒な人間関係や厄介な問題に日々直面している。
    だから妖怪の世界に一時期、現実逃避してみたいと思うのだが、水木先生の作品はそんなに甘くない。妖怪ですら、「顔があったら便利」という誘惑にかられ、本来なくてもいい顔を得るために犯行を繰り返すようになってしまった。
    欲に目がくらむのは、人間も妖怪も同じらしい。ただ、妖怪はすぐに反省して素直に元の世界に戻っていくが、人間はいつまでも執着して人生をめちゃめちゃにしたりする。
    何が便利で豊かな生活なのだろうか。
    ちょっと難しい事を考えさせられてしまうような、リアルな一面もあるが、「顔を盗まれる」というシュールな場面もあり、極端な世界を行ったり来たりする醍醐味が味わえる作品。(1983年第1刷発)

    投稿日:2020/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「水木しげるのおばけ学校10 おばけレストラン」のみんなの声を見る

「水木しげるのおばけ学校10 おばけレストラン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット