話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

講談社 青い鳥文庫 道は生きている」 Tamiさんの声

講談社 青い鳥文庫 道は生きている 作:富山和子
絵:津田 光郎 金子 之
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\583
発行日:1984年05月
ISBN:9784061471382
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,640
みんなの声 総数 2
「講談社 青い鳥文庫 道は生きている」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 「道」にまつわる歴史と雑学

    「森は生きている」などの「生きている」シリーズの1冊。
    「道」にまつわる歴史や雑学が満載の本です。
    小5の息子が読みました。
    息子が一番面白かったと言っていたのは、
    徳川家の日光詣の話。
    利根川を渡る際に、
    船を50〜60曹並べて鎖で止め、
    その上に厚さ10センチの板を敷き詰め、
    土を盛り、砂をまき、松や竹を植え、草を植え、
    道っぽくして渡ったんだそうです。
    相当な難工事です。
    10代将軍のときは馬だけで35万頭にもなる大行列だったそうで、
    いちいち船で利根川を渡るわけにはいかなかったのですね。
    あとは秋田のマタギの話。
    秋田から和歌山の熊野詣をする際に、
    一切里に下りずに、山伝いに行く道があったとか。
    富山の薬売りの道や、お伊勢参りの道の話など、
    大人が読んでもおもしろい話がたくさんありました。

    投稿日:2020/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「講談社 青い鳥文庫 道は生きている」のみんなの声を見る

「講談社 青い鳥文庫 道は生きている」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット