ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

名探偵夢水清志郎事件ノート外伝 大江戸編下巻 徳利長屋の怪 」 えみりん12さんの声

名探偵夢水清志郎事件ノート外伝 大江戸編下巻 徳利長屋の怪 著者:はやみねかおる
画家:村田四郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\880
発行日:1999年11月
ISBN:9784061485204
評価スコア 4
評価ランキング 30,690
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 夢水探偵の先祖と三つ子の先祖

    夢水清志郎左右衛門(夢水探偵の先祖らしい)が江戸で怪等九印(くいん。クイーンの先祖のフランス人)の謎を解き、正体がゐつさんだと明かす。

    上巻で出てきた梅太郎は坂本龍馬かなと思ってたら下巻で解き明かされますが、そのとおりでした。今回は勝海舟まで出てきます。

    日本という国は、日本人あってこそのものなのだから、その国のために人が死ぬことがあってはならないと説く夢水がかっこいい。天皇派も革命派も、世の中をよくとかなんとか言おうとも、やることは同じ、民を巻き込み死なせることになるんじゃないのかと諭す姿が良かった。

    今の日本でもいえることもあって、興味深く読める面白い一冊でした。

    投稿日:2011/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「名探偵夢水清志郎事件ノート外伝 大江戸編下巻 徳利長屋の怪 」のみんなの声を見る

「名探偵夢水清志郎事件ノート外伝 大江戸編下巻 徳利長屋の怪 」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こうもり
    こうもりの試し読みができます!
    こうもり
    出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
    こうもりって、かわいい! 都会に住むアブラコウモリの生態を描いた生き物絵本。


『うみべのおはなし3にんぐみ』翻訳家・小宮由さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット