新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

どうぶつえんがうちにきた!」 ひとときさんの声

どうぶつえんがうちにきた! 原案:島 怜花
文・構成:きむら ゆういち
絵:大島 妙子
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:2003年5月
ISBN:9784893256195
評価スコア 4.33
評価ランキング 15,100
みんなの声 総数 20
「どうぶつえんがうちにきた!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 騒がしくて楽しい

    • ひとときさん
    • 30代
    • その他の方
    • 千葉県
    • 女の子10歳、女の子3歳

    動物園の人たちが旅行に行くので、ミキちゃんは動物達を家でお預かりすることに。
    家の人の許可も得ないで・・・。
    でも、いつもお父さんから「困った人がいたら助けてあげなさい」と言われていたから、
    実践したまでのことなのです。
    なので仕方なく預かったのですが、動物達は勝手気ままに
    家の中をめちゃくちゃにしてしまうのです。
    もう皆ががまんできなくなったところへ
    な、なんと、どろぼうが!
    でも、家族はみんな気づかない。
    しかし、動物達をみた泥棒はおどろいて逃げてしまう。
    そんなこととは知らない家族は動物達を追い出して・・・。

    絵が明るくて楽しくて、原案5歳児のお話にとってもあっています。
    この原案をうまく文章にしたててあって、とても楽しい。
    私は、内表紙と裏表紙にあるミキちゃんが歌っている歌が好きです。
    動物をもじって替え歌?をつくっています。
    そして2つとも微妙に違う。

    次女は動物の多さに目が点。
    お話よりも、絵を楽しんでいました。
    長女は、冷蔵庫の中に・・・「ペンギン」、お風呂に・・・「カバ」など、あてっこして楽しんでいました。

    動物園に行きたくなる絵本です。

    投稿日:2006/02/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「どうぶつえんがうちにきた!」のみんなの声を見る

「どうぶつえんがうちにきた!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット