新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり

もりのおくのおちゃかいへ」 Mica(⌒▽⌒ノさんの声

もりのおくのおちゃかいへ 作:みやこし あきこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2010年11月
ISBN:9784033319100
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,998
みんなの声 総数 96
  • この絵本のレビューを書く
  • 想像力が広がるお話

    なぜでしょう。

    涙が出ました。

    ものすごい大冒険じゃないのに、
    ものすごい悲劇でも、ものすごい喜劇でもないのに、

    温かくて、温かくて、優しくて、
    じんわりと胸が詰まって、鼻の奥が痛くなりました。

    少ない色が、見るものの集中を誘うのか、
    主人公の気持ちを引き立てているようです。

    そしてたくさんのカットケーキのページ。
    あれは絶対、子供が大好きなページになりますね。

    それと、このお話はきっと、その後の想像も楽しいのです。

    動物たちはどこへ行ったんだろうね。

    帰り道も、そっと見送ってくれたかもね。

    いやいや、もうすっかり忘れて、
    仲間たちでお祭りのように盛り上がっているかもね。

    つぶれちゃったケーキはどうなったのかな?
    みんなで笑いながら食べたかな?

    そしてまた迷子を招いて、送り届けてあげたりするんだろうね。



    白い文字が、ちょっと読みにくいところもあったので、
    読み聞かせの時は、
    予習してから、ゆっくり読んであげてください。

    難しいお話ではないので、幼い子にも向きますし、
    作文がかけるくらい大きくなったら、
    続きを書かせてみたりするのも面白いですよね。

    ストーリーに決め付けのない、いい本だと思います。

    投稿日:2010/12/28

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「もりのおくのおちゃかいへ」のみんなの声を見る

「もりのおくのおちゃかいへ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

全ページためしよみ
年齢別絵本セット