新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

クリスマスツリーの12か月」 あんれいさんの声

クリスマスツリーの12か月 作:エレン・ブライアン・オベッド
絵:アン・ハンター
訳:湯本 香樹実
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784062830522
評価スコア 4
評価ランキング 24,332
みんなの声 総数 6
「クリスマスツリーの12か月」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • もみの木をめぐる1年

    書店の新刊コーナーでみつけました。
    クリスマスツリー・・・というか、もみの木の1年を追ったお話です。
    日本だと、クリスマスツリーといえば作り物の、イミテーションのもみの木がほとんどですよね。
    でも、今でも欧米では、実際にホンモノのもみの木を用意して飾ることが多いのですよね。

    クリスマスにはさまざまな家庭で飾られるホンモノのもみの木。
    クリスマスツリー農園で大切に育てられているんですって。
    そんな農園では、さまざまな生き物がツリーになるもみの木と仲良く共存しているのですね。

    日本とは一味違ったツリーをめぐるお話です。
    日本風のクリスマスしかしらない子ども達にはちょっとぴんと来ないところもあるかもしれません。
    でも、世界にはいろんな文化があることを学べるいいチャンスかもしれないですね。

    投稿日:2010/12/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「クリスマスツリーの12か月」のみんなの声を見る

「クリスマスツリーの12か月」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はじめてのおつかい / よるくま / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / こんとあき / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット