話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

せかいはいったいだれのもの?」 ヒラP21さんの声

せかいはいったいだれのもの? 作:トム・ポウ
絵:ロバート・イングペン
訳:小川 仁央
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2000年12月
ISBN:9784566007048
評価スコア 4.09
評価ランキング 23,846
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く
  • 世界はみんなのために

    いろいろな動物親子が出てきます。
    子どもが「せかいはいったいだれのもの?」
    世界は子どもたちのためにあるんだよと親は答えます。
    こどもたちに自分たちの世界を譲渡さねばならない。
    それが親の務めなのです。
    いろいろな動物が出てきた後で、人間の親子が出てきます。
    お父さんは子どものためだとは答えません。
    世界は決して人間だけのものではないとお父さんは答えます。
    世界は生きているものみんなのものだというのです。
    どちらの言葉も心に残りました。
    自分も、世界は未来の大人たちに託さねばならないと思います。
    そして、様々な生き物に対しての思いやりの上になければいけないと思います。
    イングペンの描く動物たちの目は、言葉以上にそのことを語っていると思いました。

    投稿日:2011/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「せかいはいったいだれのもの?」のみんなの声を見る

「せかいはいったいだれのもの?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / かいじゅうたちのいるところ / 100万回生きたねこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット