話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

おしいれのぼうけん」 めむたんさんの声

おしいれのぼうけん 作:ふるた たるひ たばた せいいち
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1974年11月01日
ISBN:9784494006069
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,023
みんなの声 総数 208
  • この絵本のレビューを書く
  • いつの間にか惹きこまれている

    さくらほいくえんには、怖いものが二つあります。
    一つは、押入れ。
    もう一つは、ねずみばあさんです。

    給食や昼寝の時に騒いで、みずの先生の注意に従わないと、押入れに入れられてしまいます。
    そして、
    「ごめんなさい」
    と謝らないと、出してもらえません。

    ねずみばあさんは、先生たちが行う人形劇に出てきます。
    とても怖いのです。

    そんなある日、昼寝の時間に、おもちゃを巡って大騒ぎする男の子あきらとさとしがいました。
    みずの先生が怒ってもやめず、その上お友だちに痛い思いをさせてしまいました。
    怒った先生は、二人を押入れの上と下に入れて、戸を閉めてしまいました。
    押入れに入れられた二人は、なかなか謝りません。だから、長いこと閉じ込められることになりました。
    そのとき二人は……。

    この絵本は、最初の発行が1974年です。
    そのため、私はあまり期待せずに読み始めたのです。
    でも読み進めるにしたがって次第しだいに惹き込まれて、最後まで一気に読んでしまいました。

    とても魅力的な絵本です。

    文章が多いので読み聞かせは大変ですが、三才くらいから小学校中学年くらいまでのお子さんに向いていると思います。

    投稿日:2020/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おしいれのぼうけん」のみんなの声を見る

「おしいれのぼうけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / よるくま / キャベツくん / かいじゅうたちのいるところ / おへそのあな / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

全ページためしよみ
年齢別絵本セット