宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

バレエをおどりたかった馬」 クッチーナママさんの声

バレエをおどりたかった馬 作:H・ストルテンベルグ
絵:さとう あや
訳:菱木 晃子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年10月
ISBN:9784834014105
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,568
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く
  • ちょっととぼけた表情の挿絵も魅力

    バレエを習いたがってる6歳の娘に読んであげようと購入しました。まず自分が読んでみようと思ったら、なんだかとっても楽しくて・・・「大人が読んでも存分に楽しめます」というレビューに納得!です。
    5章からなる長めのおはなしですが、一気に読めてしまう面白さがあります。ちょっととぼけた表情の挿絵がお話にピッタリあっていて、それも魅力でした。
    馬がバレエダンサーだなんて、ホント突拍子もないのですが、なぜかすんなり受け入れられて、応援したくなってしまいます。

    投稿日:2014/01/06

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「バレエをおどりたかった馬」のみんなの声を見る

「バレエをおどりたかった馬」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おばけのバーバパパ / とんことり / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • えんそく
    えんそくの試し読みができます!
    えんそく
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    楽しみにしていた秋のいもほり遠足に行けなくなり落ち込むコンタに、友だちがしてくれたこととは……? 


『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット