新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり

おつきさまこんばんは」 t2thikoさんの声

おつきさまこんばんは 作:林 明子
出版社:福音館書店
税込価格:\990
発行日:1986年06月
ISBN:9784834006872
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,391
みんなの声 総数 640
  • この絵本のレビューを書く
  • 逆光の美しさとその不思議

    小さなかわいい軽い絵本です。1歳前でも手に取れそう。中は見開きで右に絵が描かれ、左に語りが平仮名で書かれる。8枚16ページ。
    中表紙は、小さな家の屋根に猫1匹のシルエット。闇でほとんど見えない。1枚ページをめくると、あら不思議、今にも出てくる隠れたお月様の光が家と猫2匹の輪郭線を逆光効果で浮かび上がらせる。このすてきなテクニックが観るものの心をつかむ。<逆光の美しさと不思議>がこの絵本のテーマでしょうか。

    月の出の直前にこの家の親子が帰宅したのか照明が点き、物語が始まる。
    語り手は家の中の子供でもあり、屋根の上の猫のようでもある。
    月が出て「こんばんは」となる。

    <ネタバレ>後半、雲が左から右に流れてくる。
    語り手は雲が邪魔、お月様も泣くという。全部隠れて、また出てくると、
    雲は「ちょっと おつきさまと おはなし してたんだ」という。
    最後のページ、「あー よかった」「おつきさまこんばんは」
    雲が出てきてお月様が泣きそうになるのは、読者から見えなくなることじゃなくて、雲の話が悲しかったからかも知れない。雲と親友だったのか。

    おつきさまの満面の笑顔。
    猫の親子が屋根上から
    「こんばんは」
    人の母子も外に出てきて
    「こんばんは」
    (スカートはいているから母とは限らないけれど)
    表紙はお目覚め前のお月様、本を裏にひっくり返すと…なんと舌だすお月様、指が無いからアッカンベーはできないけど、
    舌だけでアッカンベー
    こりゃ最高!
    この絵本、開かなくても、いないいないバーとアッカんべーで遊べる。

    投稿日:2022/09/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おつきさまこんばんは」のみんなの声を見る

「おつきさまこんばんは」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / くつくつあるけ / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット