宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ミリー 天使にであった女の子の話」 ぴょーん爺さんの声

ミリー 天使にであった女の子の話 作:ヴィルヘルム・グリム
絵:モーリス・センダック
訳:神宮 輝夫
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1988年
ISBN:9784593502196
評価スコア 4.38
評価ランキング 11,215
みんなの声 総数 12
「ミリー 天使にであった女の子の話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 私がミリーだったら、私なら母親と一緒に暮らしたかったと思いました。ミリーの命だけは、恐ろしい戦から守りたいと思うのは誰だって同じだと思うのですが、ミリーには、守護天使がついていると思っても森には恐ろしい獣たちだっているから、食べられてしまうことだってあるし、そんな勇気はないなあと思いました。なにはともあれ、二人が再会を果たしてその夜、親子は楽しく語り合って過ごしたのは本当によかったと思いました。でも、二人が死んでいたのを、運命と考えないといけないと思うけれど・・・・・・30年間もあえない生活をしていた母親は、死ぬ前にもう一度あえてよかったんだと思いました。とても複雑な心境で、胸がどきどきしてます。

    投稿日:2018/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ミリー 天使にであった女の子の話」のみんなの声を見る

「ミリー 天使にであった女の子の話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット