なすのぼうや なすのぼうや
作: 久住 卓也  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
なすのぼうやは小さなむらさき色のぼうしが大のお気に入り。ところが、そんなぼうしが風にとばされてしまいました。どうしよう!

魔の森レストラン」 てんぐざるさんの声

魔の森レストラン 著:怪談レストラン編集委員会 松谷 みよ子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年07月
ISBN:9784494011407
評価スコア 3.5
評価ランキング 40,805
みんなの声 総数 1
「魔の森レストラン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 「サトリ」はいいけど、「ヤマジョウロウ」はいや

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子18歳

    怪談レストランも33巻目になり、少し趣が変わってきたような気がします。(続くというのは、それなりに人気があるわけですが、いろんなテーマのアイディアを出し続けていくというのは、苦労もあるかと思います)
    今回は「魔の森」のレストラン。魔の森というので、鬼が住んでいたり、魔女が住んでいたり、いたずらもののきつねも話もありました。
    でも、一番印象的だったのは「308年の昼寝」でした。
    ちょっとうとうとしただけなのに、308年もたっていたなんて……。しかも気づいた瞬間に灰になってしまうなんて、ゾッとしました。
    はなしが短いだけに簡潔で必要なことだけがバン!と、伝わってきました。
    この巻は表現がやや大人向きかな〜と、思うような話もいくつかありましたが、これまでの「怪談レストラン」を呼んできてくれたお子さんが手にすれば、十分楽しめると思います。
    中でもやはり私のおすすめは途中途中にある常光徹さんの怪談コラム。今回は「山奥の怪異と妖怪」というテーマで、これもなかなか面白かったです。「サトリ」にはあってみたいけど、「ヤマジョウロウ」には会いたくないですね。

    投稿日:2018/05/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「魔の森レストラン」のみんなの声を見る

「魔の森レストラン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット