話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

天動説の絵本」 クッチーナママさんの声

天動説の絵本 作・絵:安野 光雅
出版社:福音館書店
本体価格:\1,500+税
発行日:1979年08月
ISBN:9784834007510
評価スコア 4.89
評価ランキング 15
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く
  • あとがきのセリフ

    安野光雅さんの絵本ということで、読みたいと思いました。
    少し大判の美しい絵本です。
    地球が全宇宙の中心だと信じていた頃の時代。
    天文学者たちが長い時間をかけ、時には命をかけて、真理を追求したことがわかります。
    「「地球は丸くて動く」などと、何の感動もなしに軽々しくいってもらっては困るのです」という、あとがきの作者のセリフに、ハッとさせられました。

    投稿日:2020/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「天動説の絵本」のみんなの声を見る

「天動説の絵本」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / わたしのワンピース / おててがでたよ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ちっちゃな おさかなちゃん / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.89)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット