新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

ぼくと おおはしくん」 ぽめらにーさんの声

ぼくと おおはしくん 作・絵:くせ さなえ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2011年04月
ISBN:9784061324633
評価スコア 4.68
評価ランキング 2,114
みんなの声 総数 91
「ぼくと おおはしくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 懐かしい香りが切なくて。

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子3歳

    決して幼少期にこんな体験をしたわけではありません。
    でも、とても懐かしい香りがしました。
    そして、切なさで、胸がキュッとなってしまったのはなぜだろう。
    きっと「ぼくとおおはしくん」のような友だちと無邪気に遊び、
    他愛の無い事にひたむきに取り組んだ、
    そんな私自身の楽しかった過去の香りがしたのかもしれません。
    出来事の一つ一つまでは思い出せないのだけど、
    楽しかったという思いと
    そのぼんやりとした雰囲気だけが切なさとなってあふれてくるのです。
    決して戻れない楽しかったあの頃。
    そして、たぶん、もう、二度とあう事のないあの頃の友だちたち。
    お互い今の生活をきっと幸せに過ごしているにちがいありません。
    でも、決してあの頃のあの幸せとは違います。
    その記憶や香りは私の何者にも代え難い宝物です。
    それを思い出させてくれた一冊です。

    最後に「かめた」が遊び場に戻ってきている絵だけが残されていました。
    やられた!余韻を残されてしまった〜と思いました。
    あれは本当に遊びに戻ってきたのでしょうか?
    それとも、そのうちやってくるに違いないという二人の願望なのでしょうか?
    私は前者であってほしいけど、
    でも、後者であり、さらに、かめたはもう、戻らない。
    ・・・と推測しました。

    投稿日:2011/03/27

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくと おおはしくん」のみんなの声を見る

「ぼくと おおはしくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

全ページためしよみ
年齢別絵本セット