新刊
ふるかな ふるかな?

ふるかな ふるかな?(評論社)

雨はふるかな ふるかな? まだかな まだかな?

  • かわいい
  • ギフト
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

ぼくと おおはしくん」 わにぼうさんの声

ぼくと おおはしくん 作・絵:くせ さなえ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2011年04月
ISBN:9784061324633
評価スコア 4.68
評価ランキング 2,109
みんなの声 総数 91
「ぼくと おおはしくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • いいなぁ

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    全頁立ち読みで読んでみました。

    公園でカメを見つけて、そこで出会った「おおはしくん」は、
    最近引っ越してきた子で、ひとつ年上。

    絵は下手だけど、空き缶でザリガニを捕まえたり
    秘密基地を器用に作ってくれたりと、とっても頼もしい。

    おおはしくんの名前を書いたカメは、背中に二人の名前を書き、
    「かめた」という名前で、橋の下の秘密基地で飼い始めます。

    でも、かめたがいなくなって・・・。

    いいなぁ。こういう体験、我が子世代では難しいですもんね。

    自分が小さい頃、よく近所のお兄ちゃんお姉ちゃんとかと
    遊んでいた時の事を思い出します。
    川で遊んでみたり、空き地で走り回ったり。
    子供同士でルールを決めて◎◎ごっことかしてみたり。
    大きい子が小さい子を「自然に」面倒みていました。
    思えば、実姉よりも数倍優しかった記憶があります。

    このお話に、「大人」は一切出てきません。
    出てくるのは「一つ年上のお兄ちゃん」であるおおはしくんだけ。

    あぁしろ、こうしろ、アレはダメって言わずに
    自然に遊びながら、さりげなく教えてくれる。
    しかも、「実の兄弟」でない存在。
    今は・・・習い事や塾で忙しいし、危険もいっぱいですから
    本当に難しいことかもしれません。

    親世代には「そうそう、こうだったよね」という
    子供世代には「へぇ〜、おおはしくんみたいなお兄ちゃんに
    会えたらいいなぁ」ってほんわかする、
    とってもいいお話です♪

    投稿日:2011/03/29

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくと おおはしくん」のみんなの声を見る

「ぼくと おおはしくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット