新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

ぼくと おおはしくん」 nmnmさんの声

ぼくと おおはしくん 作・絵:くせ さなえ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2011年04月
ISBN:9784061324633
評価スコア 4.68
評価ランキング 2,114
みんなの声 総数 91
「ぼくと おおはしくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • おそとのえほん

    2歳の娘と一緒に、全ページ立ち読みで読ませて頂きました。

    ●30代の大人の感想
    田舎で育ち、男の子と一緒にザリガニや魚を獲って遊んだり、
    橋の下に基地をつくるのが日常だった自分にとって、
    この絵本の中の風景は、「わたしの風景」だと思った。
    きっと沢山の方がそう思うんだろうなあ。
    特に、「かめた」が泳いで行く場面の絵、
    川の水音や「かめた」がチャプチャプ泳ぐ音、
    あたたかな日差しや、風の匂いまで伝わってきました。
    この絵だけでも、この絵本を手元に置いておきたくなりました。
    そしてそこに添えられた文章にも、ぐっときた。

    ●2歳の娘の感想(?)
    じーっと、くいいるように見ていた。
    「かめた」が泳いで行くのを見て、大きく息をして、
    「かめさん、よかったねえ〜!」と言いました。
    気持ち良さそうで、幸せそうな亀の姿に、
    何か感じるものがあったのかなあ。
    そして、終わってから、
    「もういっかい、よんで。」と言われたけど、
    「一回だけの立ち読みで、まだ発売されてないので読めない」
    という事を理解させる事が出来ず、大変でした!
    数日後、
    「おそとのえほん よんで〜。おそとのえほん。」
    と言われ、何の事だかピンとこず、
    家にある絵本を沢山並べて見せてみたけれど、
    「ちがう〜!ちがう〜!」と怒るので困惑したのですが、
    はっと気付いて『ぼくとおおはしくん』の表紙をPC上で見せたら、
    当たり!でした。

    発売される日を、母娘で心待ちにしています。

    投稿日:2011/03/31

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくと おおはしくん」のみんなの声を見る

「ぼくと おおはしくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット