まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ながいながいペンギンの話」 やじみさんの声

ながいながいペンギンの話 作:いぬい とみこ
絵:山田 三郎
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年01月
ISBN:9784652005019
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,086
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く
  • 冒険好きの男児にヒット

    • やじみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子6歳

    本のストライクゾーンが狭くなった小学3年生の男児。
    最近は戦国武将物ばかり読んでいましたが、こちらは久々のヒットでした。
    (他、「かえるのウォートン」シリーズや、「トガリ山のぼうけん」も好きです。)

    ペンギンの子どもが、トウゾクカモメやシャチに追われたり、流氷に流されてクジラの背中に乗って別の島にたどり着いたりといった冒険をする話。
    かわいらしいファンタジーではなく、厳しい南極の自然を舞台にしたリアリティのある冒険です。

    子どもにとっては地味なくだりだったかもしれませんが、親の私としては、第3話の学齢期・思春期のルルの成長が感動的でした。

    「ちゃんとれんしゅうしておかないと、『とき』はまっていてくれないのだよ。きみたちは、もう二どと、ひよっこのペンギンになって、〜略〜あまったれることはできないのだよ。」

    万能感と現実のはざまで生きる小学生にぴったりの言葉だと思いました。
    この先生の言葉を聞いて、「だれがもう一度ひよっこになんてなりたいでしょう」とニッコリ笑うルルとキキ。
    我が子も、大人になることを喜び、堂々と生きる力を培っていってほしいものです。

    投稿日:2016/06/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ながいながいペンギンの話」のみんなの声を見る

「ながいながいペンギンの話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ちょっとだけ / おでかけのまえに / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / だるまさんが / はらぺこあおむし / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット