新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

ともだちや」 ouchijikanさんの声

ともだちや 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1998年01月
ISBN:9784032048902
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,717
みんなの声 総数 197
  • この絵本のレビューを書く
  • 最後にじんわり感動します

    人気の絵本ですが今まで出会えずにいました。

    内容もよく知らないままに読み始めてみると…。ともだちになることでお金儲けをするお話…?普段、キツネはずるがしこい性格で描かれることも多いので、そこからどんな物語に展開するのかな…?と思って読んでみると、ウズラのお母さんに言われた言葉を素直に聞いて小声で歩き、クマに「でっかいこえで」と言われると素直に声を張り上げるキツネの姿があります。

    あれあれ?いじわるなキツネではないのかも…とさらに先を読むと、憎めないキャラクターなことがだんだんと分かっていきます。

    オオカミとの出会いで、ともだちはお金をとらなくても作れるものだと知り、帰り道はスキップしながら楽しそうに帰っていきます。

    キツネはともだちの作り方を知らなかったのですね。本当はともだちが欲しいのにほんの少し遠回りして本当のともだちに出会えました。オオカミのまっすぐな優しさがとってもかっこいいです。

    投稿日:2020/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ともだちや」のみんなの声を見る

「ともだちや」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はじめてのおつかい / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / おおきなかぶ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

全ページためしよみ
年齢別絵本セット