話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり

おならのしゃもじ」 YUKKOさんの声

おならのしゃもじ 作:小沢正
絵:田島 征三
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2003年09月
ISBN:9784774605685
評価スコア 4.4
評価ランキング 12,601
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く
  • 昔話って、時代を超える!

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子2歳

    とても貧乏な若者がある日、
    お宮へ行って神様にお願いしました。
    「神様、どうかお願いです。どうか幸せになれますように。
     どうか、もう少し楽な生活になりますように。」

    お宮を出たところに、2本の「しゃもじ」が落ちていました。
    1本は赤色で、もう1本は黒いしゃもじ。
    赤いしゃもじでお尻をなでると、おならが止まらなくなり
    黒いしゃもじでお尻をなでると、おならが止まるのです。

    最後は、長者どんの屋敷の前を娘が箒で掃いていて、
    若者は赤いしゃもじで娘のお尻をつるん!
    とたんに娘のお尻からおならが飛び出し、娘は屋敷の中へ…。
    長者どんは治してくれた人に娘と結婚させると貼り紙をします。

    そこへ若者が現れ、黒いしゃもじでおならを止め、
    娘と一緒になり、いつまでも幸せに暮らしたということです。

    友人に「面白かった」と薦めてもらって図書館から借りたのですが
    読んでいるうちに、子供の頃に読んだ記憶が蘇ってきました。
    子供達はやはり、おならのシーンで大笑いです。
    昔 読んだ本も大人になって読むと
    子供の頃に読んだ懐かしさが蘇って、またいいものですね!

    子供たちには、おならの音が大ウケでした!

      ぷっぷくぷう とっぴりぴん
      おいもとごぼうが どんどこどん
      ちんからほいほい ぷっくぷう

    投稿日:2005/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おならのしゃもじ」のみんなの声を見る

「おならのしゃもじ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / かえるをのんだととさん / ウェン王子とトラ / 1つぶのおこめ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット