話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ

オレンジいろのめうし」 えみりん12さんの声

オレンジいろのめうし 作:ナタン・アール
絵:ルシル・ビュテ
訳:ふしみ みさを
出版社:エフ企画(パロル舎)
税込価格:\1,045
発行日:2004年05月
ISBN:9784894192904
評価スコア 3.67
評価ランキング 43,522
みんなの声 総数 2
「オレンジいろのめうし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • めうしが図々しい

    オレンジいろのめうしが家出する。すぐに狐に出会うが、具合が悪い、というめうしをベッドに寝せて、キツネが散々世話をする。親切なキツネのベッドの干草を食べてしまったり、ベッドでシャンパンとソーセージといちごを食べたり。、シャンパンに酔って変な夢を見て夜中にキツネを起こしたり、また朝食もキツネの好意でベッドでとり、、、、かなり図々しい。キツネがめうしの家出元の新聞広告を読み、二人で帰宅し、飼い主にお礼をもらうのですが、めうし自体はキツネに対してお礼もせず、軽くアリガトウというくらい。

    絵本を通して言いたいことがよく分からなかったです。

    でも、具合いの悪いうしを背負って家に連れて行ってあげるキツネの絵が衝撃的。うしがさかさまだし、つぶれそうだし、、、娘は受けていました。

    投稿日:2011/06/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「オレンジいろのめうし」のみんなの声を見る

「オレンジいろのめうし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました


2022年読書感想文課題図書でもある写真絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット