宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

しゃっくりがいこつ」 ふかはるかんさんの声

しゃっくりがいこつ 作:マージェリー・カイラー
絵:S.D. シンドラー
訳:黒宮 純子
出版社:らんか社
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784883301508
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,687
みんなの声 総数 128
  • この絵本のレビューを書く
  • 独特のリズムと雰囲気が素敵。

    我が家のハロウィン特集として、読んでみることにしました。

    しかしながら…
    読んでいる途中で、娘がきょとんとしていることに気づき、「何でだろう?」と思ったところ…
    娘がしゃっくりを(おそらく)したことがないことが発覚しました。本当はあるのかもしれませんが、いずれにせよ、娘は「しゃっくり」がわかっていなかったようです。

    しゃっくりの説明をしたあとに再度読み聞かせてみると。

    毎ページに出てくる「ひっくひっく」というリズムと、絵全体の暗い雰囲気、ガイコツとお化けという登場人物、ユーモア溢れる内容にしゃっくりをしたことのない娘も十分に楽しめていました。

    独特のリズムと雰囲気が素敵な作品でした。

    投稿日:2019/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「しゃっくりがいこつ」のみんなの声を見る

「しゃっくりがいこつ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんの / おおきなかぶ / めっきらもっきらどおんどん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット