話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

タイのごはん」 渡辺諦さんの声

タイのごはん 作:銀城康子
絵:泉なほ
出版社:農山漁村文化協会(農文協)
本体価格:\2,500+税
発行日:2008年03月
ISBN:9784540072246
評価スコア 4
評価ランキング 25,283
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 暑さと湿度の恵みと命への感謝

    • 渡辺諦さん
    • 40代
    • その他の方
    • 東京都

    タイ北部地方の共働きの両親と祖父母、子ども3人の家族をモデルに、普段の食事や暮らしの一部を紹介する絵本。1週間の食事を絵で表現したところや、国内を4つの部分に分けて食事の特徴を紹介するなど、一目でわかるよう工夫してある。
    巻末には家庭でできるタイ料理と、補足説明付き。

    お料理や食事を紹介する本なのに、写真がなく全部絵で表現しているのが新鮮。タイには行った事がないが、現地の人の家庭にお邪魔したり、市場を歩いたりしている気がしてしまう。温かみのある絵は、東南アジアの温度や湿度、匂いも運んでくるようだ。「微笑みの国」というだけあって、皆幸せそうな表情で描かれているのが印象的。

    タイ料理レストラン(日本)とは違い、普段の食事は野菜やお米がたくさん。新鮮で美味しい果物が豊富に手に入るので、しょっちゅう果物を食べていて素敵だ。家庭で作る調味料ナムプリックを石臼でコツコツたたく場面は、家族を思いやる母の愛情を感じる。お坊さんの托鉢が身近にあったり、ご飯を残してはいけないと厳しくしかられるところが懐かしく有難い教育だと思った。
    命に対する感謝や信仰心が素敵だ。

    投稿日:2020/09/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「タイのごはん」のみんなの声を見る

「タイのごはん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット