しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

こぐまと二ひきのまもの」 押し寿司さんの声

こぐまと二ひきのまもの 作・絵:西川 おさむ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年09月
ISBN:9784494008278
評価スコア 3.67
評価ランキング 38,292
みんなの声 総数 11
「こぐまと二ひきのまもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 二匹の若い魔物、ベロンとゴッシは、立派な魔物になるために、旅に出ました。立派な魔物になる志しはあるのですが、ひょうきんで愛嬌があってなにより優しい気持ちがあるので、殺すつもりはなくてもあかちゃんのおとうさんを殺してしまった時には、赤ん坊が哀れでならないと思ってしまいます。抱いていた赤ちゃんに熊狩りをしている人間の撃った弾があたってしまいました。母親熊を殺された小熊を育て、「こいつ随分逞しくなっただろ。きっと熊たちの頭になるぞ」と自慢に思うのは、育ての親みたいだなあとおもいました。ベロンとゴッシは壊れて塵になり闇の中へ飛んで行ってしまいましたが、二匹が後悔してなかったのがよかったです。小熊が少し大きくなったのが、よかったなあと思ったし、二匹は、優しいから魔物として生きるのは可愛そうだと思うので、これでよかったんだと思うことにしました。

    投稿日:2018/10/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「こぐまと二ひきのまもの」のみんなの声を見る

「こぐまと二ひきのまもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / うんこ! / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / そらまめくんのベッド / めっきらもっきらどおんどん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット