宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おじいちゃんがおばけになったわけ」 ゆずれもんさんの声

おじいちゃんがおばけになったわけ 作:キム・フォップス・オーカソン
絵:エヴァ・エリクソン
訳:菱木 晃子
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年06月
ISBN:9784751522783
評価スコア 4.8
評価ランキング 281
みんなの声 総数 142
  • この絵本のレビューを書く
  • 高学年の読み聞かせで読みました!

    • ゆずれもんさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子11歳、男の子8歳、男の子2歳

    我が子に読み聞かせをするときは、じいじがエリックに忘れていた何かを思い出したと語りかけるページで、いつも涙してしまいます。
    練習して、なんとか泣かずに読み聞かせられるようになったので、先日、4年生の読み聞かせで初めて読んでみました。
    少し長い絵本ですが、しっかり聞いてくれていました。読み聞かせが終わったあともしんとしていました。
    朝から重いテーマだったかなとも思いましたが、最後はエリックが、明るく「ぼく、明日は学校に行くよ」宣言しているので、それほど暗い感じにはなりませんでした。

    投稿日:2019/01/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おじいちゃんがおばけになったわけ」のみんなの声を見る

「おじいちゃんがおばけになったわけ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

まくらのせんにん そこのあなたの巻 / はけたよはけたよ / バムとケロのさむいあさ / バムとケロのそらのたび / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ / へんしんトンネル / としょかんライオン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!


>絵本エイド ―こころにひかりを―

全ページためしよみ
年齢別絵本セット