新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
話題
かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば

かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば(小学館集英社プロダクション)

これ、言える? 言えたらヒーロー! みんなで遊べる! 一瞬で噛んじゃうヘンテコ早口ことば!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

ダヤンの絵本 森の音を聞いてごらん」 黒チワワさんの声

ダヤンの絵本 森の音を聞いてごらん 作:池田 あきこ
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2011年09月20日
ISBN:9784592732655
評価スコア 4.58
評価ランキング 5,456
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く
  • ダヤンの違った一面を垣間見る

    ダヤンの本は大人になった今でも読み返していますが、今回『この森の音を聞いてごらん』を初めて読んでみるまでは、ボルネオってよく環境保全などのテーマででてくるけれど実際はどんなところなのか、どういう現状なのかというのを知りませんでした。
    読んだあとボルネオについて調べ、ダヤンがボルネオ緑の回廊サポーターだということも初めて知り、ボルネオの自然を守るために微力ながら個人でも何かできないかと考えるようになりました。
    この物語の中に出てくるプランテーションの森では生きていけない様々な生き物たちの声。切実で本当に心に突き刺さるような言葉。
    冒頭のネコのバニラと一緒にボルネオの森を探索するワクワクするような冒険気分がボルネオの熱帯雨林の森がなければここに登場する生き物たちは生きていけないのだという事実を認識することができたように思います。
    いままではわちふぃーるどというと言葉を話す動物や妖精たちの住むおとぎ話のようなファンタジーな世界とダヤンの冒険にばかり目がいきましたがダヤンの違った一面を垣間見ることができました。

    投稿日:2013/03/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ダヤンの絵本 森の音を聞いてごらん」のみんなの声を見る

「ダヤンの絵本 森の音を聞いてごらん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット