話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

ちっちゃなアレックスと夢のレモネード屋さん」 レイラさんの声

ちっちゃなアレックスと夢のレモネード屋さん 作:リズ&ジェイ、アレックス・スコット
絵:パム・ハワード
訳:藤井あけみ
出版社:戎光祥出版
税込価格:\1,760
発行日:2005年07月
ISBN:9784900901582
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,086
みんなの声 総数 3
「ちっちゃなアレックスと夢のレモネード屋さん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 小児がんの少女の実話

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    小児がんの進行する4才のアレックスは前向きな少女。
    がんのこどもを治療するお医者さんを助けるために、
    自宅でレモネード屋さんをして売上げを病院に寄付するのです。
    「すっぱいレモンをもらったときはあまくておいしいレモネードをつくればいいのよ。」
    彼女の行動は反響を呼び、昨夏8才で力尽きたアレックスの夢は
    「アレックス・レモネード基金」として今も受け継がれています。
    明るい絵本構成になっていますが、やはり日本になじみの薄いレモネードが、
    同じ年齢の次男にもピンとこなくて、反応は今ひとつでしたが・・・。
    でもきっといつか理解してくれると思います。
    レモネードって、アメリカでは子どもの小遣い稼ぎでポピュラーのようですね。
    アメリカの小学校(!)の教科書で需要と供給の単元でレモネードを使って
    マンガで解説してありました。(私の高校の政経の授業で使用。)

    投稿日:2005/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ちっちゃなアレックスと夢のレモネード屋さん」のみんなの声を見る

「ちっちゃなアレックスと夢のレモネード屋さん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット