話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

どんぐりむらのぱんやさん」 なーお00さんの声

どんぐりむらのぱんやさん 作・絵:なかや みわ
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2011年09月
ISBN:9784052034305
評価スコア 4.8
評価ランキング 318
みんなの声 総数 112
  • この絵本のレビューを書く
  • きっとどこかにありそうな 受賞レビュー

    表紙からしてもう、キューンとしてしまいます!

    小さなどんぐりがつくる、小さな小さなパン・・・。

    「どんぐりむら」シリーズは、
    どの巻も、どのページも 細かくイラストが描き込まれていて
    見ているだけでもワクワクするのですが、
    この巻は特に期待をしながら開きました!

    「うんうん」
    「あ、こういうこと、ありそう!」
    「あれ?どうなるのかな・・・。」

    大人ですが、夢中で読んでしまいました。

    特に、こっぺくんとくっぺちゃん
    ふたつぶが、こっそりパン作りをがんばる場面が
    なんともいじらしい!

    子どもの頃にこの絵本に出会っていたら、
    きっと くっぺちゃんの目線で読んでいたのだと思いますが
    もう「お母さん」の年齢なので、
    ちょっとハラハラ、ちょっと切ない気持ちになりながら読みました。


    このシリーズは、絵本では珍しいつくりだと思います。
    可愛らしくて温かい世界の中にも、確かなリアリティがある。
    そういうところが、とても好きです。

    現実に引き戻されることなく、
    むしろ共感して、どんどん「どんぐりむら」へ引き込まれてしまう・・・。
    不思議です。

    途中でハラハラしてしまうけれども、
    読み終えた後には、なんとも懐かしいような、ふんわり温かい気持ちになります。

    きっとどこかにありそうな、どんぐり村。
    もしも行けることがあれば、
    パン屋さんのこの新作を、食べてみたいです。
    (はやく行かないと、売り切れちゃうかも?!)

    投稿日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「どんぐりむらのぱんやさん」のみんなの声を見る

「どんぐりむらのぱんやさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(112人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット