はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろう はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろう はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろうの試し読みができます!
著: 柳原 尚之 絵: 近藤 圭恵  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
旬の食べものでおいしい和食!冬においしい10のごちそうのレシピを楽しいお話と一緒に紹介

ひみつの足あと」 てんぐざるさんの声

ひみつの足あと 作:フーリア・アルバレス
絵:ファビアン・ネグリン
訳:神戸 万知
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年08月
ISBN:9784001112276
評価スコア 4.17
評価ランキング 20,652
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • ドミニカ共和国の伝説が元になってます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    本の検索をしていて、たまたま目についたので、図書館で借りてきました。
    このお話に登場する「シグアパ」という種族の物語は、もともと中南米の「ドミニカ共和国」のタイノ族の伝説を基にしているらしいです。
    同じ「シグアパ」の物語でも、地域によって、その姿はまちまちに伝えられているそうです。昔スペイン人からの新大陸迫害を受け、ひっそりと暮らすしかなかった原住民たちの話でもあるようです。

    「シグアパ」たちはふだん海に住んでいる生き物で、人が出歩かない夜とかにひっそりと陸に上がって食べ物などを探すらしいのです。
    パッと見は人間とよく似ているのですが、一番大きな違いは“足の向きが後ろ向きについていること”!!ここ、とっても大切なところなんですよ。
    お話もとても面白かったのですが、ファビアン・ネグリンの絵がまたすごく雰囲気があって魅せられました。
    ファビアン・ネグリンはアルゼンチン生まれで、今はイタリアに住んでいるイラストレーターだそうです。
    私はこの人の絵は初めて見ましたが、すごくいいです!
    あたたかい南国に伝わる不思議なお話、ぜひ読んでみてください。
    小学校高学年くらいのお子さんからお薦めします。

    投稿日:2011/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ひみつの足あと」のみんなの声を見る

「ひみつの足あと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / じゃあじゃあびりびり / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット