話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

私ってごみくず、かな?!」 hime59153さんの声

私ってごみくず、かな?! 作:マーゴット・サンダーランド
絵:ニッキー・アームストロング
訳:森 さち子
出版社:誠信書房
税込価格:\1,540
発行日:2011年09月
ISBN:9784414413663
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,436
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く
  • かなり重い内容ですが

    読んでいて非常に心が苦しくなるお話でした。

    何故ルビーは自分をごみくずだと思うようになってしまったのか?
    全編を通して親が登場しないということは、
    やはり最初は親との問題があったのでは・・・ということをうかがわせます。

    昨今、子供達に「自己肯定感」、「自己有用感」の気持ちを育てるということが叫ばれていますから、
    前半部分のルビーの強い自己否定には、
    特に親の関わりが問題であること、また学校で先生との関係が良くないことが起因していると考えられます。

    親や先生などの大人の接し方を周囲にいる子供達に敏感に察知し、
    同じように真似るようになってしまいますね。
    そのことが強く感じられました。

    後半部分では、
    ドットおばさんが、いじめっこは何故いじめっこになるのか?というお話をしているくだりが、
    とても分かりやすく、多くの人の心に響きやすいのではないかと思いました。
    本当の「いじめっこ」になってしまった人は「私は違うから」と反論してしまうかもしれませんが・・・
    そういう気持ちは、自分を見つめる勇気がないのでしょうから、
    やはりドットおばさんが言っている通りなのだろうと思います。

    非常に強かった自己否定の感情から、自己肯定が出来るようになるには、
    相当の葛藤があると思いますが、
    まだ子供の段階で、理解ある大人と出逢ったことは、
    ルビーにとって不幸中の幸いだったことでしょう。

    これから先、
    親との関係がどうなっていくか分かりませんが、
    ドットおばさんが「気付き」となって始まったルビーの変革が、
    親によってつぶされることのないよう、祈るばかりです。

    投稿日:2018/07/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「私ってごみくず、かな?!」のみんなの声を見る

「私ってごみくず、かな?!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 1
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 10

全ページためしよみ
年齢別絵本セット