ぞうのエルマー さがしえブック ぞうのエルマー さがしえブック ぞうのエルマー さがしえブックの試し読みができます!
作: デビッド・マッキー  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
おうちでじっくり探し絵!
りおらんらんさん 40代・ママ

楽しいですね
娘が小さいときに何度も読んだぞうのエル…

悪い本」 てんちゃん文庫さんの声

悪い本 作:宮部 みゆき
絵:吉田 尚令
編:東 雅夫
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784265079513
評価スコア 3.17
評価ランキング 47,107
みんなの声 総数 35
「悪い本」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ゾーニング希望

    図書館のヤングアダルトコーナーにありました。それで正解だと思います。地元の図書館のヤングアダルトコーナーは、子どもコーナーとは離れた所にあり、まず小さい子が行かないような場所にあるので助かります。
    しかし、出版社の対象目安年齢が「5歳〜小学校高学年」となっているようですね。何を基準にしてそうなっているのか甚だ疑問です。

    装丁からして小さい子が読むような雰囲気ではないです。内容も大人の心に問いかけるような類いの深みで、あえて子どもが読む必要性を感じません。
    あのように内省を促すような表現は、青年や大人には必要なこともあるかもしれませんが、5歳の子には全く必要なく、むしろ心がじゅうぶんに育たないうちに無理矢理に大人の世界に引っ張っていくような危うさを覚えます。
    もう少し子どもの心理や心身の成長に配慮した出版を心掛けていただきたいものです。(出版社の公式サイトでは、「おすすめは高学年以上」と一応書いてはありますが、あまり目立ちません。)
    ぱっと見て、子ども用ではないかなと思う人もいますが、図書館で子どもが手に取れるるところにあったり、「絵本」だから子ども用でしょと考える人もいたりするので注意が必要です。ぬいぐるみなどが沢山表紙に載っているので、うっかり手に取る子もいそうです。

    大人限定で、という条件付きで考えると、個人的には嫌いな本ではありませんでした。むしろ好きかな、というくらい。しかし子どもには決して読ませたくない本です。
    5歳からという目安を鵜呑みにせず、賢明に判断していただければと思います。
    出版物としてのクオリティは決して低くはないのですが「子ども向けでない」という感想を明確にするために星1つにします。

    投稿日:2020/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「悪い本」のみんなの声を見る

「悪い本」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

にじいろのさかな / とこちゃんはどこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット