話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで―」 ムスカンさんの声

ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで― 作:ルイーズ・ボーデン
絵:ニキ・ダリー
訳:ふなとよし子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784834026672
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,624
みんなの声 総数 9
「ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで―」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 1ページ1ページが緊迫。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    小学5年生になった息子と読みました。

    国と国との関係や、歴史などを意識しだした息子。
    第二次世界大戦、ドイツ軍、連合軍、
    ドイツとオランダやベルギーとの関係は???でしたが、
    とにかくドイツ軍に占領されていて、
    誰も彼もがちょっとしたことでつかまって連行されてしまい、
    そんな緊迫した中で生きているオランダやベルギーの人々の生活や
    息遣いが、とってもよく伝わってきたと思います。

    小さい子二人を託されてしまったピート。
    スケートへの熱い思いと、
    大人たちから注がれた、ぎっしりと詰まった期待、責任感。

    長いお話ですが1ページ1ページが緊迫で、
    手に汗を握ります。

    無事に任務を完了したピートと、
    後日談まで読み終えたときには
    本当に体中の力が抜けるかと思いました。

    日本が舞台の話ではないけれど、
    戦争というのはこんなにも、人々に緊張と無理を強いるものであること、
    有る日突然家族が引き離されてしまうことが、
    そして、本当に実際にこういうことがあったのだということが
    とてもよく分かる一冊です。

    投稿日:2017/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで―」のみんなの声を見る

「ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで―」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット