話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

ニルスのふしぎな旅 (下)」 てんぐざるさんの声

ニルスのふしぎな旅 (下) 作:セルマ・ラーゲルレーヴ
画:ベッティール・リーベック
訳:菱木 晃子
出版社:福音館書店
税込価格:\2,530
発行日:2007年06月
ISBN:9784834022742
評価スコア 4.33
評価ランキング 16,039
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • アッカ隊長、ワシのゴルゴ、カラスのバタキ!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    さて、ニルスの旅の下巻です。こちらは最後の挿し絵を入れて526ページありました。
    ただでさえ長い作品でですが、本文だけでなくぜひぜひ!邦訳者の菱木晃子さんの後書きまでじっくり読んでください。
    ここまで読めば、ますますニルスの物語とスウェーデンという国の魅力にハマること間違いなし!です。

    ニルスは自分の家で飼っていたガチョウのモルテンと一緒に旅をする。というイメージが強いですが、お話の中でモルテンとだけいるシーンは意外と少なく、モルテンが仲間に入れてもらったガンの群れのアッカ隊長や、ワタリガラスのバタキや、ワシのゴルゴ(両親が死んでひとり残された雛だった時、アッカ隊長に育てられたワシ)の背に乗って旅していることも多かったです。

    このアッカ隊長は、とてもカッコ良かったです。
    いつも前を向いていて、長(オサ)らしくみんなを守り導き、仲間にとてもあたたかいですが、情にだけ流されるようなところはなく、自分にも仲間にも自然の中で生きていくからこそのルールを常に最優先するガンでした。
    そんなアッカに育てられたワシのゴルゴもすごくカッコ良くて、おなかがすいても「ガンだけは食べない」と決めているいいやつでした。

    後半(下巻)はスウェーデンの北の地方を旅して、ガンたちの故郷〈産卵する場所〉ラップランドでのことが描かれているのですが、
    ラップランドでの出来事は、ガンたちのことよりもむしろニルスと知り合いだったガチョウ番のオンサ〈姉〉とマッツ(弟)、それに家族を捨てて一人出て行ったふたりの父親との物語が描かれていました。
    動物たちや自然のことだけでなく、人の世界の物語もしっかりと描かれているのに、ゴチャゴチャした感じはなくて、とても読みやすい物語でした。

    何度も言いますが、とても分厚い長い物語ですが、読み始めると内容は読みやすく面白いです。ぜひぜひ、小学校中学年くらいから中学生・高校生の皆さんに読んでもらいたい作品です。

    投稿日:2014/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ニルスのふしぎな旅 (下)」のみんなの声を見る

「ニルスのふしぎな旅 (下)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『100にんのサンタクロース』好きなサンタさん投票TOP10結果発表!!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット