新刊
ぱんつさん

ぱんつさん(ポプラ社)

ずぼずぼずぼっとあらわれた、ぱんつさん。いっちに、いっちに、たいそうをはじめるけど…。想像を超える展開がクセになる本。

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

りゅうになったちいさなこい 竜門点額」 てんぐざるさんの声

りゅうになったちいさなこい 竜門点額 文:李 鳳翔
絵:楊 永青
訳:君島 久子
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1988年08月
ISBN:9784338069076
評価スコア 4
評価ランキング 25,648
みんなの声 総数 2
「りゅうになったちいさなこい 竜門点額」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 楊永青の絵が魅力的でした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    いかにも、中国的な楊永青の描く絵の世界が魅力的でした。
    1988年に発行されている作品で、邦訳は君島久子さんですので、日本の文として読みやすかったです。
    鯉が滝登りをする性質のせいか、鯉が大人になると龍になるという昔話は日本にもあったと思います。

    面白いのは、白楽天(中国で有名な詩人:実在したかどうかはよくわかりません)が出会った鯉の子どもの額にあかい印をつけるところです。
    翌年に現われた鯉の子どもが(人間の姿になった時)、
    いきなり小学生の高学年くらいの背丈に成長しているのには、ちょっと驚きましたが、展開がパッ、パッと変わってテンポがよくてよかったです。

    投稿日:2012/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「りゅうになったちいさなこい 竜門点額」のみんなの声を見る

「りゅうになったちいさなこい 竜門点額」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット