せかいかえるかいぎ せかいかえるかいぎ
作: 近藤 薫美子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
せかいかえるかいぎが あるらしい──。こんなうわさが、かえるたちの間に広まって、世界中のかえるたちが大集合します!

絵本作家という仕事」 クッチーナママさんの声

絵本作家という仕事 作:講談社 (編)
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2012/4
ISBN:9784062175845
評価スコア 4
評価ランキング 27,931
みんなの声 総数 1
「絵本作家という仕事」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 9歳の娘も興味を持っていました

    絵本作家という仕事は、謎が多くなかなか知る機会がないので、こういった本は貴重だと思います。
    15人の人気絵本作家さんが、どうして絵本作家になったのか。どんな場所でどんな風に絵本がつくられているのかなど、ワクワクする内容が盛りだくさんでした。特に村上康成さんのアトリエが素敵だったなぁ。。。
    自分のために図書館で借りてきたのですが、9歳の長女が「この本超面白い!」と言いながら読んでいました。絵本が大好きで、絵を描くことも大好きな娘なので、絵本作家になってくれたらいいなぁなんて思ったりして・・・
    絵本作家になりたいと思う人だけでなく、絵本が好きな人なら誰でも楽しめる内容だと思います。

    投稿日:2014/02/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「絵本作家という仕事」のみんなの声を見る

「絵本作家という仕事」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット