どっせい!ねこまたずもう どっせい!ねこまたずもう
作: 石黒 亜矢子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本日は100年に一度の大相撲大会。無敵の大横綱、にゃんこのやまに対するは、奇々怪々な妖怪たち。さて、勝敗の行方やいかに!

クリスマスをわすれたサンタクロース」 わにぼうさんの声

クリスマスをわすれたサンタクロース 作:カリン.フォン.オルダースハウゼン
絵:ガービ・フルック
訳:泉典子
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784566008304
評価スコア 3.67
評価ランキング 37,596
みんなの声 総数 5
「クリスマスをわすれたサンタクロース」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 忘れちゃだめ〜

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子4歳

    クリスマスの頃に、次男が真剣な顔をして
    「サンタさん、うちに来るの忘れたりしないかな」と言っていたので
    この本を見つけて「あるじゃん!」と借りてきました。

    でも、思ってたのとは違って
    寒い冬にうんざりしてしまったサンタクロースが、
    魔法のえんぴつで太陽を描いて夏にすると、
    浮き輪を出して泳いだり、釣りをしたり、
    出会った黒猫と旅をしたり。

    う〜ん、サンタのバカンスって感じなのだろうか。

    楽しく暮らしているうちに、サンタクロースが
    「何か忘れている気がする」と言い出すんです。

    どうなのでしょう。
    サンタさんが、魔法のえんぴつをつかって色々するのは
    楽しいのですが、子供たちとしては
    「プレゼントを配ってくれる」サンタが、
    延々と違うことをしているのは「?」の連続だったようで
    あまり面白かったとか感想を言わなかったです。

    「あ!しまった!忘れてた〜!!」と言う感じの
    あわてんぼうのサンタクロースみたいな話だったら
    素直に楽しかったのかもな〜と思いました。

    投稿日:2012/01/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「クリスマスをわすれたサンタクロース」のみんなの声を見る

「クリスマスをわすれたサンタクロース」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット