話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
トリック オア トリート!

トリック オア トリート!(くもん出版)

おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!

  • かわいい
  • 盛り上がる
  • 全ページ

クリスマスをわすれたサンタクロース」 ジュンイチさんの声

クリスマスをわすれたサンタクロース 作:カリン.フォン.オルダースハウゼン
絵:ガービ・フルック
訳:泉典子
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784566008304
評価スコア 3.67
評価ランキング 39,419
みんなの声 総数 5
「クリスマスをわすれたサンタクロース」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • サンタが南国にいて日焼けしている不思議

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    最初のページは、サンタが一人で深い雪の中を歩いています。
    なぜ?トナカイがいないのかと思っていると、何と袋から魔法の鉛筆を出して、寒いのは御免と大きな太陽を描きます。

    そしたら、雪がとけて夏になって、サンタは水浴びと奇想天外な展開です。

    さらに、出会った猫と旅立って、サーカスをしてあちこちをめぐり、湖の中の島にある家で魚をとって暮らし始めます。
    あまりに刹那的で、これで終わったら夢も希望もないという展開です。

    でも、サンタは何かを忘れていることに気づくのです。
    夢でクリスマスを思い出すというのも、意外な展開で、最後にはプレゼントをロケットで配りに出かけます。

    途中は、ほとんど南国にサンタがいて真っ黒に日焼けしているという不思議な世界で、あまり例を見ないお話でしょう。
    話の飛躍ぶりが見事で、絵本ならではのお話と言えると思います。

    小学校1年の子供は、話の飛躍ぶりについていけず、楽しいという評価には至らなかったようです。
    スイスの本ですが、どう本国で評価されているのか?知りたいものです。

    投稿日:2007/10/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「クリスマスをわすれたサンタクロース」のみんなの声を見る

「クリスマスをわすれたサンタクロース」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット