宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

やんばるの森がざわめく」 にぎりすしさんの声

やんばるの森がざわめく 文:本木洋子
絵:高田三郎
出版社:新日本出版社
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年03月25日
ISBN:9784406028028
評価スコア 4
評価ランキング 24,362
みんなの声 総数 2
「やんばるの森がざわめく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 1億年の時を刻んだシイの森 生き物たちの命が 息づいている

    リンという男の子はおじいさんと一緒に やんばるの森に住むヤマドゥイという飛べないトリの命を守るために 森へ行った
    人間が木切りすぎたら 山がはげて 海もはげる  つまり自然の摂理をこわしてしまうのです
    森に生きる 宝を守るために 人間が捨てにきたネコを退治しに行ったのです

    二人は シヌグ祭りの山ガミなのです

    沖縄本島の話です 亜熱帯の森を守るために 米軍がきて森がこわされないように 祈っているのです

    沖縄島民は みんな 沖縄の森を海を愛し  命をはぐくむ原始の森を守ろうとしているのです

    大切に語り継いでほしいと願います

    投稿日:2017/12/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「やんばるの森がざわめく」のみんなの声を見る

「やんばるの森がざわめく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット