新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

あかちゃんてね」 読み聞かせパパさんの声

あかちゃんてね 作:星川 ひろ子 星川 治雄
絵:星川 ひろ子 星川 治雄
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2005年11月
ISBN:9784097260417
評価スコア 4.61
評価ランキング 4,057
みんなの声 総数 40
「あかちゃんてね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 泣いてしまったMちゃん

    • 読み聞かせパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 群馬県
    • 女の子13歳、男の子11歳、女の子8歳、男の子5歳

    1年前のことですが、肢体不自由のある 小1と小2の子たちに 読みました。
    赤ちゃんの成長を 写真でたどっていく この絵本。
    脳性マヒがあるけれど、おませな小1の女の子Mちゃんには、生後5ヶ月の妹がいます。
    「この子にとっては すごく身近だろうなあ」と思い、読み始めると ニコニコしてやはり興味深い様子。
    ページをめくるたびに、「わぁ!」「かわいい」などと声を上げて、子どもたちは 見入っていました。

    7ヶ月の赤ちゃんが 立ち上がろうとするページのとき、Mちゃんの表情が 一変しました。
    ほほえんでいた顔が 急に硬くなり、泣き出しました。
    あまりはげしく泣くので、Mちゃんは 付き添っていた先生と一緒に 部屋を出ました。

    このことを お母さんに伝えたときの話を 聞いて絶句しました。
    「Mはきのう、『立って歩きたい、練習がしたい』と言ったんです。
    でも、それはできないことだから…主人も私も言葉につまりました…。そのことだと思います…」

    よかれと思って読んだことで、【自由に歩くことができない自分】のことを あらためて思い知らせてしまったのです!
    星川さんの写真絵本を読むと、子どもたちは 登場する人たちに すごく親近感を示します。
    でも、「こんなこともあるんだな!」と思い、「この本は この子たちにとってどうなのか」と考える きっかけになりました。

    投稿日:2011/05/07

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「あかちゃんてね」のみんなの声を見る

「あかちゃんてね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット