宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

いぬのおしりのだいじけん」 ヒラP21さんの声

いぬのおしりのだいじけん 文:ピーター・ベントリー
絵:松岡 芽衣
訳:灰島 かり
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年06月25日
ISBN:9784593505425
評価スコア 4.4
評価ランキング 10,555
みんなの声 総数 14
「いぬのおしりのだいじけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 犬のおしりが脱げるなんてとんでもないけれど、豪華なパーティにおしり丸出しでは失礼だろうと、妙に感心してしまった私は、確かに犬はお互いにおしりを確認する姿は、自分のおしりを探しているように見えると、作者の目のつけどころに納得してしまったのです。
    おしりを拾えなかった犬はいなかったのでしょうか?
    おしりがなかったら大変だよねと、心配までしてしまいました。
    こんな話をしたら、間違いなく馬鹿にされますね。

    投稿日:2017/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「いぬのおしりのだいじけん」のみんなの声を見る

「いぬのおしりのだいじけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おたのしみ じどうはんばいき / いのちのまつり おかげさま / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おばけのバーバパパ / とんことり / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット