話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

ぼくだよ ぼくだよ」 なみ@えほんさんの声

ぼくだよ ぼくだよ 作:きくち ちき
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2013年02月07日
ISBN:9784652200025
評価スコア 4.53
評価ランキング 6,401
みんなの声 総数 50
  • この絵本のレビューを書く
  •  子どもの気持ちを描いた絵本です。絵も、子どもの気持ち、そのままの自由で伸びやかな絵です。

     幼稚園や小学生の子ども、特に男の子を観察していると、友達と張り合う気持ちがすごく強いのです。「オレなー」「オレはなぁー」「オレの父ちゃんなんてなー」「オレんちだってなー」という具合。「自分はすごいのだ」という自尊心。「すごいと思いたい、思ってもらいたい」という気持ち。単に自慢のしあいっこというよりも、一生懸命に自分というものを確立しようとしていることが感じられて、微笑ましく思います。この絵本のヒョウとライオンにも同じものを感じました。

     どんどんと想像の世界に入っていって、そこでも思う存分、言いたいことをいって、想像だから、もうなんでも言いたい放題!あー、楽しいね!「自分はすごいのだ!」という気持ちを出し切った後は、ヒョウもライオンも、満足してすっきりとした良い顔をしています。どんなに言っても言い返してくる相手のことも、「なかなかやるなー」と認めた感じかな。えっ?でも、まだ言ってますね。「ひげが・・」って。(笑) でも、子どもはこうやって、張り合って、切磋琢磨して大きくなっていくのでしょう。

     「大人になってもこのまま」というのは、ちょっと見苦しいです。とはいえ、現実の厳しさにやられてしまって「自分なんか・・・」としょげている大人の人には、この絵本を差し出してあげたい。そして、私も、元気のでない時にはこの絵本を開いて、自分のいいところ探しをしてみようかな。

    投稿日:2016/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくだよ ぼくだよ」のみんなの声を見る

「ぼくだよ ぼくだよ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / いないいないばあ / だいじょうぶだいじょうぶ / ちびゴリラのちびちび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



3月の新刊&オススメ絵本情報

全ページためしよみ
年齢別絵本セット