アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

おかしなゆき ふしぎなこおり」 渡辺諦さんの声

おかしなゆき ふしぎなこおり 文・写真:片平 孝
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年11月
ISBN:9784591131244
評価スコア 4.78
評価ランキング 487
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く
  • 【内容】
    いろいろな場所に積もった雪や氷の写真集。植物についた氷、屋根や木に積もった雪。池や滝も寒いと凍ってしまう。場所や風向きなどの条件によって
    面白い姿になる雪や氷を、たくさん探し出して、詩のような言葉を通して魅力を伝える1冊。

    【感想】
    漫画や外国の絵本などで見かけたことがあるような風景ばかりで驚いた。雪や氷を観察する事などないので、いろんな形があることを初めて知った。
    ただ見ているだけで、外国や異空間を旅しているような気がしてしまう。

    写真は清々しく、澄み切った空気があり、何故か温かみが感じられる。
    これを撮影した時は、相当寒かったと思うが、そんなことはみじんも感じない、不思議な温かみとユーモアを感じる。
    写真家の経歴も面白く(巻末に書いてある)、「小さなころから、幸也氷に親しみ、ひかれて…」とあり、この本を作るために生まれてきたような人らしい。
    寒い場所が苦手な私には想像できないが、雪や氷マニアがいて、きっと喜んでガンガン(寒さなどものともせず)写真をとったり、観察したりしているのだなあ。世の中にはいろいろな、自分の知らない世界があると思うと、生きているのが楽しくなる。

    たまたま冬の寒い日(数年ぶりの大雪の日)に開いて見て楽しんだが、夏の暑い日などにもいい気分転換になるのではないだろうか。
    それにしても雪が積もるというのは、大変なことでもあるのだろうけど(除雪作業など)、自然界に積もる雪は、なんともユーモラスで、恐竜の恰好をしてみたり、ギャグマンガのようなつもり方をしてみたり(つっこみどころが満載)、なかなか愉快だ。
    自然界を作った神様は、ギャグがお好きらしい。

    投稿日:2018/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おかしなゆき ふしぎなこおり」のみんなの声を見る

「おかしなゆき ふしぎなこおり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / どうぞのいす / バムとケロのさむいあさ / バムとケロのそらのたび / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット