新刊
ぱんつさん

ぱんつさん(ポプラ社)

ずぼずぼずぼっとあらわれた、ぱんつさん。いっちに、いっちに、たいそうをはじめるけど…。想像を超える展開がクセになる本。

話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ

京のかざぐるま」 てんぐざるさんの声

京のかざぐるま 作:吉橋通夫
絵:なかはま さおり
出版社:日本標準
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784820802976
評価スコア 4
評価ランキング 28,333
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 幕末時代の少年少女たち。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    この作品は1988年に出版されています。
    挿し絵は降矢ななさん。
    変動の時代に生きた10代の少年少女たちの生き様を、色々な角度から覗かせてくれる短編集でした。
    筆職人の弟子の冬吉、鉾車職人の弟子の三吉、桶職人の弟子の太吉、材木屋の若者組の隆吉・文七・小太郎にあや、
    やっと実った“夏だいだい”を懐に役人ともめて家を出て行った兄を探す弁吉、幕府にやとわれ東北から半強制的に京の町の防犯係に駆り出されたマタギたち、あの有名な寺田屋で女中として働く拾われっ子のりつ。

    尊王攘夷運動が起こり、世の中が荒れ始めた幕末の中で、それぞれの場所で懸命に生きていこうとする若者たちの姿がいました。
    衣装だいたい15から30ページの短いセンテンスの中で、それらの物語はしっかり確立していて、全体の流れも読みやすかったです。

    新選組やら、薩摩の西郷隆盛やら、長州の坂本竜馬やら、みんなの意志を背負い目立った活躍をした歴史上の人物たちとは別に、こうしたごく一般の人たちも確かに「生きていたんだ」ということが伝わってきました。
    とても読みやすい文章なので、この時代に脅威のある人はぜひ読んでみたもらいた1冊です。

    投稿日:2014/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「京のかざぐるま」のみんなの声を見る

「京のかざぐるま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】9月の新刊&オススメ絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット